コラーゲンも配合された小林製薬のグルコサミンで関節痛を和らげる

症状別治療を知ろう

生薬

更年期障害の主な治療方法はホルモン補充療法ですが、漢方による治療も非常に高い人気があります。注射による治療に抵抗を感じる人は特にそうです。東洋医学においては更年期は血の不調が原因で起こっていると考えます。更年期障害にはいろいろな症状があります。頭痛、イライラ、めまいなどです。これらの症状も血が関係していると考えるのです。たとえば、頭痛の症状は血流が滞っているからであり、めまいは血の不足から起こっているとみなしています。こうした症状を見てどの漢方が最も適切なのかを判断して処方されるわけです。つまり、更年期障害の中でも最も頻繁に起こる症状に着目して漢方を選ぶ必要があります。もちろん、その判断は個人ではなく専門医が行います。

症状別に漢方は処方されます。実例としては、まずだるさを感じたり、めまいや肩こりが頻繁に起こったり、不眠などの精神的な症状がよく出る人は痩せていて虚弱体質な人が多いです。このような症状が起こる人には抑肝散半夏陣皮を摂りましょう。次に、頭痛、のぼせ、肩こりなどの症状が多い人には加味逍遥散を推奨します。女性疾患に非常に効き目のある代表的漢方薬です。最後に、便秘、のぼせ、月経不順、イライラなどの症状が見られる人は体格がしっかりしている人に多いです。桃核承気湯が非常に効果が高いです。精神的な症状に対して有効性が高い漢方薬です。このように、症状別に漢方を処方することが完治させるのに適切な方法です。